掲示板
知って稼ぐぞ!FX初心者講座 ロスカットについて

スポンサーサイト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

プロフィール

スマイルペガサス

Author:スマイルペガサス
FC2ブログへようこそ!

検索エンジン

パーツ

  • seo

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスカットについて

今回は、ロスカットについて書いていきます。
前回のマージンコールともどもあまりいいことではないですが
しっかり覚えておきましょう。
投資をする以上、ロスカットという言葉と無縁ではいられないですからね。

さて、それではFXでいうところのロスカットとはどのようなことを
いうのでしょうか?

FX(外貨証拠金取引)でロスカットとは、取引に必要な保証金金額が更に下がり、
FX業者が取り決めた割合いを下回った場合に強制的にポジションが
すべて反対売買により決済されるということをさします。


自分で行なうロスカット(損きり)と区別するために強制ロスカットと呼ばれる
ことがあります。

投資者の1つの口座状況を評価した際に、
あるFX業者では実質保証金合計額が必要保証金合計額の25%を下回ったときに、
その口座内の投資者のポジションを全て自動的に決済するというしくみのことです。

ロスカットの水準を自分で決めれる業者もあります
また、レバレッジのかけ方によっても残る証拠金もちがってきますので
ご自身の資金等によって決めてくださいね

損失を一定の範囲で抑えるためにロスカットを設定していますが、
相場の急激な変動によっては、25%にとどまらず、
資産以上の損失が発生する可能性になることがありえます。

FXとは、レバレッジを効かして大きな利益を得られる半面、
大きな損失を受ける可能性のある取引でもあると言えます。


そこで、損失を拡大させないためのルールを設けたのが
「マージンコール」と「ロスカットルール」です。

信用取引で言う、「追証」のようなものと言えます。

追証の場合には、空売りの場合 際限なく損をする可能性が
ありますが、FXでは、その損を証拠金以上にしないようにしている
ということですね。

FXではロスカットにならないために実質保証金合計額と必要保証金合計額との関係が
悪くならないようあらかじめ余裕を持って保証金を預けることが
ロスカットを回避する方法の一つではあります。

FXでロスカットにならないために投資している人の持つポジションや
預入金額によって変わりますので、「いくらなら」、ということはないのですが、
FX資金の限度額いっぱいまでポジションを持ったりせず、
ロスカット水準が近づいてきたら、素早く対処する、
といった対応を行うことが重要となると思います。


FXには 値幅制限がないので 夜中のFRBの声明とかで
急に動くことがあります。
寝てる間に ロスカットなんてこともありますので
注意してくださいね。

できることなら、購入する際に どれくらいで損きりするかを
決めておくといいと思います。

業者のロスカットのまえに自分で
逆指値などを活用して 大きく損をしないところで損きりしましょう。

そうすれば、相場で生き残ることができますよ。

自戒をこめて・・・・。

最後まで、読んでいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< FX口座を開設するときのポイントとは? | ホーム | マージンコールについて FXの基本知識 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。