掲示板
知って稼ぐぞ!FX初心者講座 金利変動の要因について

スポンサーサイト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

プロフィール

スマイルペガサス

Author:スマイルペガサス
FC2ブログへようこそ!

検索エンジン

パーツ

  • seo

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利変動の要因について

今回は、金利変動の要因について
みていきましょう。

これは、外貨預金だけでなく
FXのスワップを考える上でも
参考になりますね。

最近では、日本の金利
公定歩合ではなく
政策金利を指します。
具体的には、無担保コール翌日物金利のことです。

金利は、何によって決まるのでしょうか?

一般的に、金利
同一のものではなく、
通貨が流通している国の、
政治情勢や経済状態に
よって異なって来ます。

最近では、外貨預金金利は、
国内預金の金利に比べると
一般的に大きくなっています。

ではどのような経済状態の時に、
金利はどのように
変動するのかを
見ていこうと思います。

たとえば、経済状態が活発で好景気な上に、
国としての成長が続くであろうと思われる国の場合が、
その代表であると言えるでしょう。

具体的にはインドや中国が上げられます。

この他にもインフレ傾向と
呼ばれる状況があります。
これは過熱した景気の影響で、
急激に物の値段が跳ね上がることです。

これはどちらかと言うと南米大陸の国家や、
オセアニアの国々に多く見られます。

また、不況で経済が低迷して、
俗に言う不景気の場合や、
国家としての経済が
成熟しきっているだけでなく、
将来に渡ってもあまり
成長が望めない場合です。

イギリスやフランスなどのヨーロッパの
先進国に多く見られる傾向です。

外貨預金に選ぶ通貨が
使用されている国の経済状況は、
金利に大きな影響を及ぼしますので
注意するようにしておきましょう。


預ける銀行によっても、
外貨預金金利は変わって来るのですが、
これは金利はもちろん、
取り扱い手数料も銀行独自の判断で
自由に設定できることになっているからです。

さらに大手銀行の方が
小さな銀行よりも、
高めの金利や低めの
手数料の商品を取り扱っています。

最近ではインターネット専用の銀行のように、
一般の銀行よりも
人件費や施設代などの
経費がかからない分を、
金利や手数料に大幅に還元している銀行もあります。


銀行の窓口で相談する以外にも、
インターネットのサイトなどで
金利や手数料を調べておくことが大切です。

基本的に、金利の低い国の通貨を売って
金利の高い国の通貨を買うのが基本です。

金利の低い国は、日本やスイス
金利の高い国は、オーストラリアやイギリス
などとなっています。

投資先の経済状態は投資する前に
調べておきましょうね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 外貨預金 金利

<< 銀行で外貨預金について | ホーム | 外貨預金の比較について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


金利

長期金利、一時1.155%に 5年4カ月ぶりの低水準日本経済新聞長期金利の代表的な指標である新発10年物国債利回りが30日、年内最後の取引で一時前...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。