掲示板
知って稼ぐぞ!FX初心者講座 クロスレートとクロス円

スポンサーサイト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

プロフィール

スマイルペガサス

Author:スマイルペガサス
FC2ブログへようこそ!

検索エンジン

パーツ

  • seo

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスレートとクロス円

今回は、クロスレートについて書いていきます。

世界の基軸通貨は、USドル アメリカドルですね。
ヨーロッパでは、ユーロも幅広く使われています。
ですので、 ドル/ユーロ ドル/円 ポンド/ユーロ などが
主要な取引となります。

では、FXでよくみられる ポンド/円 NZドル/円 というのは
どのようにしているのでしょうか?

ポンド/円などは、クロスレートと呼ばれます。
なぜ、クロスなのでしょうか

それは
ポンド/円は、ポンド/ドル ポンド/円の掛け算でできるからです。


1ポンド=2ドル 1ドル=100円 だと
ドルを基準にして考えると 1ポンド=200円
となりますね。

このように、掛け算して合成してできるものが
クロスレートとなります。

米ドルがらみの取引を ドルストレートというような
呼び方をします。
これに習って、NZドル/円等の円がらみをクロス円と呼び方を
することもありますので、覚えておいてください。

クロス円の取引で注意する事は、
もちろん ドル/円です。
NZドル/円を取引していても、ドル円には注意してください。

なぜか?

掛け算だからです。

ドルストレートだと、NZドルとドルの力関係で
レートは決まってきます。

しかし、クロス円ですので ドル/円も絡んできます。

ですので、両方見ていく必要がありますね 

最後まで、読んでいただいてありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< ニュージーランドについて | ホーム | 東京市場ってどこ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。