掲示板
知って稼ぐぞ!FX初心者講座 東京市場ってどこ?

スポンサーサイト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

プロフィール

スマイルペガサス

Author:スマイルペガサス
FC2ブログへようこそ!

検索エンジン

パーツ

  • seo

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京市場ってどこ?

よくニュースなどで耳にする、東京市場は・・・・。
という言葉について 書いていきます。

FXにおいて、東京市場というのは
日本人が多く参加している時間帯なので
東京市場といわれるのです。

ということは・・・・

円がらみがよく動くという事になると思います。

市場規模でみますと、
東京市場は、国際決済銀行(BIS)の2007年4月の調査によると、
売買高で英国、
米国、スイスに次ぐ4番目の市場で全体の6.1%の規模です。

東京市場では円絡みの取引が多いですが、ユーロドルが多い日もあるとのこと

東京市場の特徴の一つに、「仲値」と呼ばれる銀行の値決めが挙げられます。
これは、午前9時55分頃の実勢レートを基に、各銀行が対顧客向けの当日受け
渡しレートを10時過ぎに公表するものです。

この「仲値」が、東京市場では曲者というか
午前中の鍵を握ります。

ですので、値動きが比較的荒い時間となりますので
注意してくださいね。

午後は、15時くらいからのヨーロッパ勢(ロシアも含む)の
参入後もよく動きます。

このあたりの、各市場のおけるよく動く時間帯に注目する事が
大切です。

為替損益を狙っていく場合には、動く事が大切ですので
動きのある時間に売買することが必要です。

東証の株価も多少影響がありますので
株価にも注意してくださいね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< クロスレートとクロス円 | ホーム | スワップ金利について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。